Sloth(すろーす)Run

ランと色々なこと 普段はナマケモノ(すろーす)ですが、マラソンにはとことん夢中なランニング日記

2018 洞爺湖マラソン 完走記①

先日の速報には、たくさんのスターとコメントを頂き、本当にありがとうございます!

ブログやってて良かったです。

 

今回は撃沈レースとなったため、簡単な2回の完走記と、良かった点・反省点を振り返って終了する予定です。

上手くいことばかりじゃない。だから マラソンは楽しいんだ!

 

【スタート前】

シューズ円陣に、はてブロランナーの「イカさんご夫婦(チャーリーさんと旦那さん)」、「きなともさん」、去年の洞爺湖ラソンから何度もご一緒している「masyuさん」、初めましてのアメブロランナー「すーさん」と自分を入れて、6名のシューズ円陣ができました。

スタート前の貴重な時間をいただいて、ありがとうございました。

(5分前集合を公言してた きなとも さんが、まさかの遅刻とかw)

f:id:yoshi-sloth:20180522185500j:image

先日の仙台ハーフマラソンMacさん達がやってた、GPSウォッチ円陣も。

f:id:yoshi-sloth:20180522185455j:image

 

シューズ円陣後に話し込み過ぎ、並ぶのが遅れてこんな位置に。

天気:晴れ(快晴)・気温:16℃。

f:id:yoshi-sloth:20180522185555j:image

 

【スタート〜5km:25’14”(ネット24’07”)】

いよいよ始まった洞爺湖ラソン

昨年11月の真駒内以来だから、6ヶ月ぶり。

やっぱりキンチョーする。

 

9:30 スタートの合図で人混みが動き出す。

スタートロスは1’07”で、Dブロックを考えたら想定内。

最初の5kmは無理せず走ろうとするものの、1km経過のタイムは5’25”

ちょっと遅れすぎだな〜とジグザグに進んで、2km以降は予定通りキロ4’40”のペースを刻む。

 

【6〜10km:23’12”】

一緒のペースで走る予定の、きなとも さんの姿が見えなくて、先に行っちゃったのかなと。

イカさん(チャーリーさん)に追いついてもいい頃だけど、もしかしてサブ3.5ペースで爆走したのかも と考えてました(笑)

(気付かずに5km地点で追い抜いていたようです)

それにしても、5kmしか走ってないのに脚が重いなー。

計画ではキロ4’35”にペースアップする予定だけど、もう少し体が温まるのを待つことに。

 

【11〜15km:23’20”】

10km過ぎたけど、今回はやたらに長く感じる。

心拍数は160bpmくらいで余裕なんだけど、脚が重くて前に出てこない。

これって調整失敗の撃沈パターンじゃない?

 

経験上(10周目の練習 水曜日と同じ感覚)、この感じから上昇気流に乗って走れたことは無い。

試しにキロ4’35”を入れてみるが、このペースは長く続けられない。

(マズイんじゃない?)

 

【16〜20km:23’31”】

この区間は向かい風が強くてキツく、どんどんペースが落ちそうに。

焦っても仕方ない。

もうすぐ洞爺湖ラソン難所のリンゴのヘタ🍎に突入だ。

とりあえずキロ4’40”のペースで耐えて、上りに入る所まで進もうと。

 

【21〜25km:24’56”】

【ハーフ:1:40:35】

リンゴのヘタ🍎の上りに突入したが、スライド区間から先頭集団が降りてこない。

今年は間に合った!!

1年間でちゃんと成長したな〜と思ってたら、先頭集団が凄いスピードで続々と下ってくる。

 

オレンジ色のノースリ着た人が変な走りしてると思って見てたら、いきなり路肩に止まって嘔吐。

先頭集団は壮絶な世界と聞いてたが、本当でした。

事が終わったら何事も無かったように走り去って行く。

(30km手前で、そこまで追い込んだ走りをしていて率直に凄いと思いました)

 

上りに入り、トボトボ走りで何とかリンゴのヘタの中間地点まで進んだところ、後ろからYoshiさ〜んと声が。

勝手に前を走ってると思ってた、きなとも さんでした。

”ようやく追いつきましたー“って言葉を残して、軽快な走りで去って行く。

(サブ10ランナーはやっぱり強いなと思ったり。自分が思うような走りができなくて悔しかったり。)

 

少し進むと、視界の先にシューズ円陣でご一緒したmasyuさんを発見!

けっこう苦しそうな走りをされていたので、横に並んで ”頑張りましょう!“と一声。

(自分にも気合を入れ、ペースが落ちて苦しくなっても絶対に歩かないぞ)

と、思ってみたのの、

(30kmにも行ってないのに、こんな脚の状況で走るのは初めてだ と)

 

続きは、完走記②にて。

 

ではでは。