Sloth(すろーす)Run

ランと色々なこと 普段はナマケモノ(すろーす)ですが、マラソンにはとことん夢中なランニング日記

【完走記】サロマ湖100kmウルトラマラソン 2018 ③レース編(ゴールまで)

急な仕事の呼び出しでバタバタしており、完走記がすっかり遅くなりました。

記憶が曖昧になってきましたが、一気にゴールまで逝きます。

 

レポの続き、前回まで。

①前日編

②当日編(スタートまで)

コースレイアウトと高低差

サロマ湖100kmウルトラマラソンは、湧別町(湧別総合体育館)からスタートし、オホーツク国道~サロマ湖~ワッカ原生花園を走って、常呂町常呂町スポーツセンター)にゴールするコース。

f:id:yoshi-sloth:20180622180426p:plain

スタートから55km(レストステーション)まで

スタート5時の気温は13℃、風も無く絶好のコンディション。

数時間前まで雨が降っていたため湿度が高く、少し蒸し暑く感じる。

スタートラインを通過するまで2分かかると思っていたが、思ったより流れがよく5時1分に通過することができた。

f:id:yoshi-sloth:20180630091955j:plain

最初の1kmは集団の流れのまま走ってキロ6分2秒。2km以降もある程度の集団で走っていたが、想定通りのキロ5分40秒のペースで巡行。

ほぼ直線のコースで高低差も無いため非常に走りやすく、あっという間に10kmに到達する。

10km通過 57分48秒(56分44秒)

ここで、1個目のジェル(メダリスト)と塩飴を補給。

 

体が適度に温まり脚が絶好調なのこともあって、キロ5分40秒のペースを維持するのが難しくなってきた。

油断するとキロ5分00秒までペースアップしてしまうため、ガーミンの表示を見ながらペースを維持。(ペースアップしていいのは80kmを過ぎてからと自分に何度も言い聞かせる)

14kmを過ぎた辺りで折り返してきたトップランナーとすれ違うが、100kmとは思えないスピードで駆け抜けていく。

(風見選手はキロ3分41秒をペースで世界最高記録 6時間09分14秒を達成。オメデトウございます!!)

20km通過 1時間54分09秒(56分21秒)

ここで、2個目のジェル(マグオン)とBCAA、塩飴を補給。

 

三里番屋を折り返して多くのランナーとスライドする。レース序盤だけあってみんな余裕の表情だ。

スタート時の曇り空から段々と青空に変わり、気温も18℃まで上昇して暑くなってきた。日差しがキツく急に汗をかき始める。

暑さに対応するためエイドでいただいた氷を首筋とアームカバーの中に仕込んで体を冷やすことができ、ここまで順調なペースで余裕もあった。

30km通過 2時間50分39秒(56分30秒)

ここで、3個目のジェル(メダリスト)と塩飴を補給。

 

30kmを過ぎて国道区間に入り歩道と車道を織り交ぜながら走るため、少し走りにくくなってきた。気温も20℃を超えるまでに。

周りのランナーも適度にばらけてトイレの混雑が無くなってきたため、尿意は無いけど小を済ませることに。31km過ぎのトイレは誰もいなかったため、ここで小ピットイン。

ここまで順調に来ているが、36kmを過ぎたところでお腹が少しずつ痛くなり始める。

40km通過 3時間49分02秒(58分23秒)

ここで、塩ようかんとBCAA、塩飴を補給。

フルの通過 4時間01分29秒で想定通りのペースで走れていた。

 

痛みを我慢しながら何とか走っていたが45km過ぎで限界を迎え、47km手前のトイレに緊急ピットイン。ここで大を済ませたがスッキリしない違和感が残った。

これ以降お腹の調子が下がる一方で、キロ5分40秒のペース維持が難しくなる。 

50km通過 4時間49分48秒(60分46秒)

 

ここからレストステーションまで約5kmの道のり。いよいよサロマ全然フラットじゃないじゃーんって言う上り下りが始まった。

ついにお腹がゴロゴロ鳴り始めて苦しさのあまり52kmでピットイン。そして突然の下痢。(マジかー、これで残り50km走るのか...)

一気にペースダウンするものの、何とか55kmのレストステーションに到着。

55kmから80km(ワッカ)まで

レストステーションの大エイドにはトイレ休憩含めて10分ほど。気温は22℃まで上がっていた。

とりあえず胃薬を飲んでみるが下痢止め作用はない。(下痢を想定せず)

ここで、4個目のジェル(エイドで無料提供されたアミノバイタル赤)とBCAAを補給。

 

走り出した直後、今までで一番激しい腹痛に。ここで初めて歩きを入れてしまう。

痛みが治まったところで走り出すが、1kmくらい走るとお腹がゴロゴロ鳴ってガスが溜まってくる。

だいたい5kmごとにトイレがあるから、残り4kmをこの状態で走らなければならない。

これ以降、5km毎のトレイを見つける度に並んでピットインを繰り返すため、一気に20分も遅くなってしまった。

60km通過 6時間08分46秒(1時間18分58秒)
ここで、5個目のジェル(マグオン)と塩飴を補給。 
 
脚は元気だからスピードは出せるんだけど、そうするとお腹のガスが爆発しそうになるからペースを上げられない。頭の中は次のトレイのことで一杯だ。
気が付けば65kmを過ぎて魔女の森に入り4人の魔女と出会いハイタッチで元気をいただく。(トイレの後はちゃんと手を洗ってますからご心配なく)
 
それから3kmほど進み、68km私設エイドの斉藤商店に到着。
おしぼりをいただいて顔を拭いて少しリフレッシュ。ありがとうございます!
既にお腹を壊しているため食べるのをやめようと思ったが、エネルギーが切れないように食べ物を少しずつ詰め込む。
70km通過 7時間26分01秒(1時間17分15秒) 
ここで、6個目のジェル(マグオン)とBCAAを補給。
 
次に目指す場所は75kmエイドの鶴賀リゾート。
さっきまでの20℃を超える暑さはどこかへ行ってしまい、風が冷たくなって雨がポツポツ落ちて雲行きが怪しくなってきた。
相変わらずお腹のゴロゴロは治まる気配がない。
目的地の鶴賀リゾートでは、楽しみにしていた お汁粉とそうめんをいただく予定だったが、2つともいただく食欲がなかったため、そうめんだけを流し込む。
80km通過 8時間39分46秒(1時間13分45秒)

ここから先はジェルを摂らず、エイドのバナナとフルーツを補給。

80km(ワッカ)からゴールまで

ワッカの入口には折り返しまで9.1kmの表示。細い怪しげな道路の先の未体験ゾーンに何があるのか恐る恐る入った。

折り返して下ってきたランナーの表情がどうも冴えない。残り5kmを切ってゴール間近なのに何故その表情?

2kmくらい進んだところでその訳が分かった。

ワッカは遮る物が存在しないため、海沿いの吹きさらしの雨風をモロに受ける。

気温は10℃くらにまで下がり、大粒の冷たい雨に打たれ続けて一気に体温を奪われる。

f:id:yoshi-sloth:20180703211624j:image

(ガーミンの温度計より。暑くもなり寒くもなるのがサロマですが、ラスト2時間の温度低下は異常ですね)

この状況はマズいと準備していたウインドブレーカーを着ようとするが、風が強すぎてなかなか着れない。

万が一手を滑らせたらどこかへ飛んで行って100%回収不能な状況のため、一旦脚を止めてウインドブレーカーを着る。これで体温の低下は免れた。

f:id:yoshi-sloth:20180703194213j:plain

向かい風が強くて前に進まないが、ゴールするためには行くしかない。

豪雨と暴風が辛すぎる。水溜まりを避けれらず、そのまま突っ込んで足が冷たい。

コース上では何人ものランナーが低体温症でエマージェンシーシートにくるまって倒れている。

ワッカは墓場だと聞いていたが、まさにその通りの場所だった。

f:id:yoshi-sloth:20180703194527j:plain

85kmのエイドでに到着したところで”暖かいお茶ありますよ”って声が。

一瞬自分の耳を疑ったが、声の場所に行ってみると、どうぞーって暖かいお茶を差し出していただく。

体を温めるように暖かいお茶をゆっくり飲み干し、分かっているけど念のため折り返しまで何kmですか?って聞いてみた。あと4kmですね!(間違ってなかったか...)

90km通過 9時間52分40秒(1時間12分54秒)

 

90kmを過ぎてワッカ折り返しのコンクリートの橋が見えてきた。

何故この場所に人工構造物の橋があるのか不明だが、一気に上り切ろうと突っ込んでみるものの、風が強すぎて体が持っていかれる。全く走れないし、歩いても全然前に進まない。(レース中で一番辛い場所でした)

 

何とか折り返した途端、今までの向かい風から追い風に変わって少し楽に。辛いけど残り9km。

自分がワッカを上ってきた時は、エマージェンシーシートにくるまって倒れているランナーは片側だったけど、いつの間にか両サイドに。 

エマージェンシーシートを着ようとするがシートが飛んでいくランナー。上りで歩いて両腕をさするランナー。ノースリーはマズいでしょ!

 

そんな状況でさらに下ると、またノースリーのランナーが死にそうな顔で上ってきて ”あァー”って叫んで原生花園の花の方へ倒れ込む。(正直この方は低体温でダメだと思いました)

このまま見捨てることはできないので近寄って声を掛けると”脚攣っただけですから大丈夫です!行って下さいって”元気な声で返事が返ってきました。良かった!! 

無理しないで下さいと言い残してさらに下る。

すると、見覚えのあるランナーが勢いよく上ってきた。

走るスパイダーマンことスパイディ氏だ。ハイタッチで元気をいただきます!!

 

96kmあたりのトイレで本日最後のピットイン。最後は一気にゴールまで駆け抜けたいから少し長居してガスを出し切る。

残り3kmの表示が見えたところで全力疾走!!脚は元気だから一気に20人くらい抜き去る。

会場のアナウンスで、ゼッケン番号・名前・投稿していたコメントを読み上げられながらゴール!!

f:id:yoshi-sloth:20180703211349p:plain

写真の提供はMacスポーツさん。

Macさんゴールを見届けていただき、ありがとうございました)

Finish 11時間02分53秒(1時間10分13秒)

完走メダルとタオルをいただいて、無事に帰還できたことに満足。

(トイレに寄った回数:15回くらい。トップ10に入るかな?)

f:id:yoshi-sloth:20180624211158j:plain

アクシデントがあってのウルトラマラソンですが、来年はもう少しまともに走りたい。

そんな思いを残して、2018サロマウルトラの旅が終わった。

 

今回のサロマ100kmウルトラマラソンに関し、みなさんの温かいコメントありがとうございました。

この場を借りてお礼申し上げます。

 

ではでは。