Sloth(すろーす)Run

ナマケモノ(すろーす)のラン日記

eA式に入門して1ヶ月

最近30km走とLSDのセット練を始めましたが、これには意味があって、eA式マラソンレーニングを参考に練習しています。

f:id:yoshi-sloth:20181210214338j:image

以下、eA式を始めた経緯など↓

ラソン3年目でタイムが頭打ちになってしまい、今年やってきた何が悪かったのかを振り返ってみたが、1年目2年目とそれ程大きく練習内容を変えた訳でもなく、困ったなーっていうのが正直なところでした。

そんな中、先日のさいたま国際でサブ45を達成した よしランさんが横浜マラソンでサブ3を達成された時の記事で、eA式を参考にしたとのこと。

(自分が同じように速くなれるとは思ってません)

yoshirun.hatenablog.com

eA式??

自分は初めて聞くトレーニングだったのでeA式をネットで検索してみたが、ブログに書いている人があまりいない。

リンク先にあった本を買おうとamazonに入ると、既に絶版となっていて謎が深まるばかり。

とりあえず程度の良い中古本があったので、eA式「マラソン走力UPトレーニング」と「新常識トレーニング」の2冊を大人買い。(2冊で1500円くらい)

 

届いてすぐ2冊を読み切ったところ、弱点がズバッと書かれていました!!

自分はハーフのタイムに比べフルのタイムが極端に悪い「スピードタイプ」のランナーですが、スピードタイプには以下の特徴があるようです。

●ロング走やLSDが総じて、短め・速めである

●時間がないときは、その時間内でペースを上げて取り組む傾向がある

インターバルトレーニングや速めのペース走を実施する頻度が高い

●たまに長時間のLSDマラニックは実施するものの、ロング走にはあまり取り組まない

これらはスピード偏重のトレーニングのため、レースでは30km程度までしか到達できない。

ハイ!!全て当てはまりました...。

 

「スピードタイプ」の対策として書かれているのが、

①現状の走力に即した適度な強度(ペース)・距離で練習すること

 やれるかどうかわからないペースで走りきるよりも、確実にこなせるペースで走力を1段ずつ上げていくことが大切。余裕を持ってきっちり走りきることの方が重要度が高い。

②30km以上の走り込みでマラソンの脚を作り直す

 短め・速めばかりの練習をしているとハーフのタイムは向上してもフルのタイムは向上しない。30km走となると怪我が心配になってくるが、一度に長い距離を走ることを恐れない。低速から始めてマラソンの脚作りをする。ペースと距離を一度に上げず、どちらか一方を徐々にステップアップしていくこと。

 

自分なりの解釈と端折って書いているので、eA式が気になる方は一読されることをオススメします。

「マラソン走力UPトレーニング」は、eA式トレーニングの理論をわかりやすく解説した内容

「新常識トレーニング」は、実践用にトレーニングメニュー(練習タイム)が書かれた内容

どちらか一方だと解説が不足しているので、できれば両方あった方が分かり易いかと思います。

eA式は無理せず、段階的なトレーニングで全ての機能を高めていく内容。

そのため王道的な距離を踏む練習がメインとなっていますが、追い込み過ぎず余裕度を持って腹八分目で終えることが、結果的に効率が良いとされています。

 

eA式の練習メニューをざっくり書くと①~⑥の期分けで、フルマラソン経験者は③~実践していきます。

①準備期

②走り込み準備期(3週間)

③走り込み期(10週間)

④プレ仕上げ期(3週間)

⑤仕上げ期(2週間)

⑥調整期(2週間)

 

走り込み期のメニューは

月:休養

火:JOG

水:ミドル走(12km~16km)

木:休養

金:JOG

土:30km~40km走

日:180分以上LSD  *土・日は入れ替えOK

 

eA式を始めるにあたってと、実践1ヶ月の感想

●北海道の冬トレがメインのため、取り組み易いと感じたのがeA式

 (小出式・岩本式と悩んだけど、これらを冬トレで実践するのは無理がある)

●本を読んで直ぐ、週末の30km走と180分LSDのセット練が固定でeA式マジかーって思いました。時間を捻出するのが大変。

 (ドS過ぎてドン引きしたものの、今は普通にできてます)

●㌔7分ペースのLSDで120分を超えたあたりで全身から汗がジワーっと出てきて毛細血管が広がる感じがする。ペースが遅いので翌日に疲れを持ち越さない。

 (気のせいかもしれませんが)

●基本的に心拍数を上げる日は水曜日だけなので、Vo2MAXがだだ落ちした。

 (序盤の走り込み期は無理せず余裕度を上げ筋持久力・スタミナを付けていくことが目的のため。筋持久力が付けばVo2Maxが低くても押し切れる?中盤~後半のメニューはペースがけっこう上がるのでVo2MAXも回復すると思われる)

●自分で考えるよりメニューに沿った練習ができるので、自分にあってるかなと。

 (新メニューが出てくる度、別の練習に移ってつまみ食いする傾向がある)

 

相変わらず中途半端なブログになったけど、難しいことは考えず、3ヶ月間eA式を実践して、京都・東京マラソンでの快走に繋げていこうと思います。

 

ではでは。