Sloth(すろーす)Run

サブ3を目指しながら、トレランも楽しみながら

東京マラソン【完走記2・レース編・後半】

東京マラソン完走記の後半になります。 

↓(前半はこちら)

yoshi-sloth.hatenablog.com

f:id:yoshi-sloth:20190307190844j:plain

f:id:yoshi-sloth:20190307191936p:plain

21km〜30km

45'57"(Ave.Pace:4'35")、25km 1:54'03"、30km 2:17'08"

ハーフ通過が1:36’16”

グロスでサブ3.10を目指すには、借金が1分16秒で厳しい状況に追い込まれた。

ネットでは、借金が19秒でギリギリのライン。

さてどうする?と思いながら走っていたため、この辺りから手動ラップを取り忘れてペースが分からなくなってきた。 

 

22kmの給水所で2個目のジェルを摂取。

雨脚が強くなり気温が上がらないため、寒さで手がかじかみ、ポケットから出すのも一苦労の状態だった。

筋肉が思うように動かなくなってきたため、とにかく前へ進もうって感じで、次の応援ポイントを目指す。

 

淡々と走り続けて29km地点に到達し、はてブロバナーを掲げたびあーさんを発見!!

この時が一番苦しく下を向いて走っていたため、”気持ちで負けるなーって”声援をいただき、上を向いて走り出すことができました。 

31km〜40km

 47'05"(Ave.Pace:4'42")、35km 2:49'19"、40km 3:04'13"

サブ3.10を目指すには、ここからラストスパートする必要があるが、脚が前に出ていかず悔しい気持ちに。

そんな中、ここまで単独走が続いて苦しかったが、ようやく自分のペースに合う集団が見つかって合流することができた。

先頭:190cmくらいの外国人男性、2番手:180cmくらいの日本人男性、3番手:150cmくらいの日本人女性、自分は4番手に付けてコバンザメ走で少し楽な気持に。

 

次の30km過ぎの応援ポイントを目指して走り出し、品川へ向かう左に曲がった直線道路で、アラレちゃんの帽子を被った青いおててのバンビさんを発見。

rain-cascade.hatenablog.com

しっかりタッチして元気をいただきます。寒い中、本当にありがとうございます。

 

32km給水所で3個目のジェルを補給しようと、ポケットからカフェイン入りのジェルを取り出した瞬間、手が震えて落としてしまう。

今日はついてないが仕方ない。

 

品川の直線道路は向かい風もあり、カフェイン入りのジェルを落とした喪失感からコバンザメ走に集中し過ぎてしまい、33km過ぎではてブロのぼりを掲げたおいやんさんbirdさんの応援ポイントをうっかり通り過ぎる不始末。

幸いにも自分に気付いていただき、頑張れーの声を掛けていただけました。

 

品川を折り返して残り6km。

このあたりで集団がバラけてしまい単独走が始まって苦しくなってきた。

以前、Macさんに”苦しい時は笑いましょう”って言った自分を思い出し、声に出して笑いながら、ちょっと肩の力を抜こうと両腕を下げるとダラーっと下げると、腕がカチカチで上がらない。

今日使うシチュエーションじゃないようだ。

 

そんな事もあって、とにかく早くゴールしたいって気持ちに支配され、40km地点でボランティアされていた青豆さんを探す余裕が無く、通り過ぎてしまいました。

miumiu3432.hatenablog.com

寒さと雨の中、ボランティアありがとうございます。

41km〜ゴール

10'21"(Ave.Pace:4'42")

ラスト2km。脚は売り切れていないが寒さでスピードが出ない...。

41km手前で1人の男性から、”はてブロ頑張れー!”って声を掛けていただき、想定外の声援が自分の背中を押してくれました。本当にありがとうございます。

 

最後はラストスパートって速さじゃないけど、無事に帰ってきた安堵感から腕を上げてゴール!!

電光掲示板のタイムは3時間14分34秒(ネットタイム:3時間13分38秒)だった。

f:id:yoshi-sloth:20190309213954j:plain
サブ3.10を目指したタイムとは程遠い結果で、悔しさがもっと込み上げると思ったが、ゴールしてからのボランティアさんの暖かい言葉が心に沁みて、ありがとうございます!!って言葉を返しているうちに、

”今日のコンディションで東京のど真ん中を走り切れた”という嬉しい気持ちが勝り、タイムなんてどうでもよくなった。

 

ゴール後

これで終わらないのが東京マラソン

完走メダルとタオル、防寒用のアルミシートをいただいてから、ブルブルと震えながら1kmほど歩く。

レースより厳しく寒くて(涙

ゴール後が一番大変でした。

 

レース当日の気温を調べてみると、5℃を下回っていたんですね。本当に寒かった。

8時:6.3℃

9時:4.4℃

10時:4.5℃

11時:4.9℃

12時:5.7℃

 

ボランティアの皆さん、応援いただいた皆さん、大会関係者の皆さん、無事にゴールできました。

ありがとうございます!!

来年も走りたいので、よろしくお願いします(笑

 

ではでは。