Sloth(すろーす)Run

ナマケモノ(すろーす)のラン日記

【完走記】2019サロマ湖ウルトラマラソン(レース編2)

2019サロマ湖ウルトラマラソン完走記(後半戦)です。

前半戦はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓ 

yoshi-sloth.hatenablog.com

 【61km~80km】

 ここから先㌔6分を維持すれば大丈夫と思いながら走っていたけど、ガーミンのラップを見るとペースの乱れが大きい。

 63.5km地点で2個目のスペシャルドリンク(レッドブル・OS1・ジェル2個・塩タブ)を受け取りレッドブルを投入。内臓の不調から食べ物を受け付けないためジェル(補給)は回避。

 少しずつレッドブルが効いてきて、元のペースに戻ってきた。

 68km地点のエイドに到着し一旦休憩。

 ここまで補給が上手く出来ていないことを考え、椅子に座って遅くてもいいからジェルをチビチビ飲むことに。

 しかし物凄い吐き気に襲われ、半分しか飲むことができなかった。

 あまり長居すると脚が固まってしまうため、歩きから少しずつペースを上げてランを再開。

 70km通過 6:49:40

 残り30km。脚は売り切れていないが、エネルギーの枯渇がずっと心配だった。

 サブ10まで10分の余裕があるため、ワッカをどう攻略するかを考えて、無理せず淡々と進んでいく。

 ペースも悪くない。サブ10は手中に収めたと思っていた。

 すると、75km手前で膝カックンされたように脚の力が抜けて、急に動けなくなった。

 走りたくても脚に力が入らず走れないし、気持ち悪くなって吐きそうになっため、誘導の高校生達が座るパイプ椅子を借りてしばらく放心状態。

 時計が進みスタートから8時間が経過。ここでサブ10ペースが途絶える。

 具合の悪さに横になりたくて、たまたま近くにあった工事現場の仮設ハウスに木陰を見つけ歩いていくと自販機があったので、ペットボトルのコーラを買って飲んで、横になって空を見ながら、色々考えながら、とりあえず寝た。

 30~40分経っても調子が戻らないため、リタイアを決意。

 そんな中、苦しい表情を浮かべながら走るランナーの姿を見ていたら、タイムなんてどうでも良いから自分もゴールしたくなって、

 ウルトラは潰れてからでしょ!って気持ちになって。

 喉を通らないジェル(補給)をコーラで無理やり押し込んで、再スタート。

 走ると気持ち悪いので、ひたすら歩く歩く。

  80km通過 8:58:42

f:id:yoshi-sloth:20190702185551j:imagef:id:yoshi-sloth:20190702185522j:image

【81km~90km】

 80km地点で3個目のスペシャルドリンク(レッドブル・ジェル2個・塩タブ)を受け取りレッドブルを投入。

 75km地点で補給出来たことと、レッドブルが効いてきたため、81km過ぎから少し走れるようになり、ワッカをグングン上っていく。

 スライド区間でスパイディ氏とすれ違いタッチして元気をいただく。

 しかし、87km手前で気持ちの悪さにペースダウンし、ひたすら歩く歩く。

 90km通過 10:31:45

f:id:yoshi-sloth:20190702185545j:image

【91km~ゴール】

  残り10km。ワッカを折り返した90kmのエイドで休憩していると、元気よく駆け上がってくるチャーリーさんと再会。

f:id:yoshi-sloth:20190706165649j:image

(本人はこんな感じのつもり)

 チャーリーさんがワッカを折り返して戻ってくる前にエイドを出ようと思ってたけど、まだ動けなかったため、同じ場所で同じ構図のまま再再会し見送る。

 座っててもゴール出来ないので、歩きと走りを織り交ぜながらゴールを目指す。

(ベリーさんとすれ違ったと思いますが、余裕が無くて気づけませんでした。ごめんなさい)

f:id:yoshi-sloth:20190702185535j:image

 今回のウルトラも色々あったけど、ラスト1kmは何とか走って無事にゴール!!

f:id:yoshi-sloth:20190701144413j:image

 潰れてから、もう絶対にウルトラ出ないぞーって思ってたけど、ゴールしたらやっぱり悔しくて、いつかウルトラの高い壁を越えたくて、

 ウルトラマラソン楽しいって思える自分がそこにいた!!来年リベンジです。

 100km 12:06:12

 

相変わらずレースレポは苦手ですが、2019サロマのレポはこれで終了。

多くのコメントとスターをいただき、ありがとうございました。

最後に言い訳?来年のための対策?と題した総括編を書くかもしれませんw

 

ではでは。